そろそろBIM本が手に届いている頃だと思います。

ご購入いただいた方々、本当にありがとうございます。

 

さて、

今回はP-038[壁の構成要素を設定]

を少しフォローします。

 

外装材から順に構成要素別に設定を説明していますが、オフセットが何故その数値なのか?が理解できないと

悶々としたまま進まなければならないので補足します。

 

 

ご覧のように外装材下端はストーリ基準を土台​天端とし、土台h105とキソパッキンh20の合計125mm下へオフセットするので、-125となります。

構造用合板はストーリ土台天端-105

断熱材は土台天端

PBは1FL

となります。

 

次に

上端基準では、通気層以外は全て2F床梁天端基準として考えています。

断熱材、PBは床梁成分のマイナスなのでー150です。

 

*厳密にすれば構造用合板は床梁天端まで伸ばさない、PBは床梁に掛ける等、現場と異なるところがありますが、この本では出来るだけ解りやすいような形でモデリングしています。

 

 

このようにストーリとの関係が出てきますが、設定してく段階になれば、ストーリ、壁構成要素との関連性など理解が深まるのではないかと思います。

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事