profile

minicad7は2D3Dハイブリッドだったにもかかわらず

当たり前のように2次元機能しか使っていなかった。

トップページにも書いたが、

当時はあの衝撃を受けたminicad7を使っているというだけで満足していた記憶がある。

 しかしながら、ずっと持っていた「違和感」は拭い切れずいた。

「違和感」とは、

パソコンを使い高機能ソフトを使っているのに何故手描きと同じ事をやってるのか?

鉛筆がマウスへ、そしてトレーシングペーパーがPC画面になっただけの環境に馴染めずにいた。

そもそも、「あの衝撃を受けたminicadのような使い方がしたい」という思いが常にあった。

そんな時に出会ったのが【BIM】2010年の事だった。

しかし、何をどうしていいのか全く分からずにいた時、翌2011年にA&A社のBIM実践講座に出会い早速取り掛かった。・・・

っと、意気込んではみたものの

あまりにも2次元作図との差があり過ぎてあっけなく挫折💧

しかしながら、

自分が求めていた設計手法であるBIMにやっと出会えたのだから簡単に諦めるはずもなく

いきなり当時の案件(比較的時間にゆとりある)で再開。

最近でこそメモする事はあまりなくなったが、当時は作業内容を記録しながら地道に取り組んだ

その紙ファイルの一部がコレ

字が汚いのでスプレー掛けてますが、このワークシートの編集に

【4日間悩んだよ】

と当時の生々しい記録が残っています。

で、上の日付が2012年9月、4日間悩んだ時が2013年2月なので

ワークシートも手探り状態で右往左往している様がよくわかりますね(笑)・・・続く

  • 氏名:原口広(はらぐちひろし)
  • 生まれた年:1963年福岡県
  • 現居住地:福岡県田川市
  • フィジカル:165cm/59kg
  • 靴サイズ:25cm
  • 血液型:RH+B
  • vectorworks:architect2019
  • 機材:dell m3800 ワークステーション
  • 携帯:iphone xr
  • 車:mini cooper R53 2004
  • 家族:妻&娘&息子&♂ねこ&♀ねこ
  • 趣味:元トライアスリート現ランナー