ストーリとレイヤの設定確認についてです。
基本プランが決まり、実施設計に入っていく段階で
とりあえず設定して作業を進めていたストーリとレイヤ高さを確認するために登録画面を使っています。
↑画像の状態(正面、ワイヤーフレーム)で登録しています。
ストーリ変更やレイヤ高さ変更等、高さを変更した場合などその都度、登録し直しています。
とりあえずはこの状態で十分に確認できるのでいいのですが、コレも実はこのようになっています。
 
作業を進めていく上で、階高変更、天井高さ変更等様々な事が出てきたり
色々と動かしすぎてゴチャゴチャになったりした場合に便利です。
おすすめの記事