まさかこのblogでMacの新機種について触れる事になろうとは・・・

2020年11月、驚異的な進化を遂げたMacが登場しました。

既にいろんなメディアで見たり聞いたりしていると思いますが

ココではVectorworksの動作について少しだけ情報をお届けしたいと思います。

ざっくりですが

2017年Macbookpro15インチ と 今回のAirでVectorworks動作の比較をしたところ

Airの方が速かったという事らしいです。システム情報は不明です。

あくまでも聞いた話なので質問はご容赦下さい。

ただ言えることはM1チップ搭載Macはとんでもないマシンに進化したという事ですね。

しかも価格はほぼ据置き、というか性能を考えるとかなり安くなったという錯覚さえ覚えます。

で、16インチ発売が来年なのかはわかりませんが、今回の飛躍的な性能アップを考えるとかなりワクワクします。

ちなみにmacOS 11.0(Big Sur)上でのVectorworks2020ではSP5で動くようですが

あくまでも暫定版との事なので自己責任でお願いします。

おすすめの記事