Vectorworks Macユーザーはクリスマスにサンタが現れたりするサービス?がありますが

2020のダークモードはどうですか?

ちなみにベクターワークスは2020からアイコンの雰囲気が少し変わりました。

個人的には、感覚的にNARUTOっぽい、ってばよー??<意味不明(笑)

で、このアイコンが微妙に変わったのも、このダークモードを意識しての事だとの噂もあります。

ダークモードにすると通常モードよりも新しいアイコンに違和感を感じない、という人もいます。

私は、通常モードです。

コメント一覧
  1. 杉山です。 より:

    ダークモード。
    実はかなり期待していたのですが、イマイチですね。Vectorworksにおいては。
    ずばり見にくい。
    慣れの問題かなと思って使ってますが、どうもダメですね。
    やはり15年もベクターワークス使ってると、どうしても馴染めない…
    ライトモードにしたら見やすくなるのですが、OS全体としてはダークのほうが見やすい。というか疲れない。

    悩みどころです。

    フォトショップやシネマ4Dは凄く洗練されていてかっこいいんですけどね。
    まあ、ダークモードなんて無い頃からダークなUIなのですが。
    ベクターワークス もOS依存しなければいいのでしょうけれど、それで処理速度に影響がでてしまうのなら仕方ないですね。

    ちなみに自分は3Dの時は黒背景。
    2Dの時は白背景が好みです。

  2. hiroshi.vwx より:

    杉山さん

    3D時は黒背景ですか。
    おー、それは全くイメージになかったです。
    そう言われてみると
    3次元の緑、青?の背景が苦手だという人もいました。

    今度試してみます。

  3. 杉山です。 より:

    ぜひ試してみてください。

    ぐちゃぐちゃにワイヤーフレームだらけと時とか、グループ編集時や他のレイヤ(クラス)をグレー表示の時とか、ターゲットのオブジェクトがはっきり視認できるので、自分は背景色黒がやりやすいです。

    背景色の切り替えはイマイチめんどくさいと思いますが自分はスクリプトでショートカット登録しています。

    SetPref(16,not GetPref(16));

    この一行のスクリプトをメニュー登録して、作業画面に入れてショートカット設定するだけです。
    いわゆる一行スクリプトってやつです。

    拡大時に線の太さを表示とか、白黒表示とか、自分は環境設定メニューをスクリプトにしてメニュー登録して使っています。
    右上のショートカットボタンより、自分はキーボードショートカット派です。

    線の太さを表示は 上のスクリプトの16のところが9
    白黒表示は 10 
    にすればOKです。

    マニアックなところだと、
    用紙境界の表示 非表示 は49  自分はレンダリングはさっさとデザインレイヤーで行うことが多いのですが、スクリーンショットを撮るときに用紙境界は邪魔になるので重宝します。
    グループの編集時のグループ外のグレー表示は14   だいたい表示させていますが、3Dとかでどんどん階層に入ったときに邪魔って時にいいです。
    ビューをクロップは127  これも自分はしょっちゅう使います。

    とまあ、こんな感じなのですが、線の太さ表示とかってデフォルトでショートカットできるようにしてくれてもいいんじゃないかと思うんですけどね。
    右上のショートカットボタンだと、自分はどうしてもわずらわしく感じてしまいます。

    みなさん、それぞれの使い方がベクターワークスだと思いますが、自分はとにかくキーボードショートカット派です。

    ですぎたコメントですみません(>人<;)

  4. hiroshi.vwx より:

    杉山さん
    ショートカットキー、多用してますね!
    僕は杉山さんほど使っていません。
    というかデフォルトキーでのショートカットで済ませている感じです。

    ただ、macbookに変えてマウスを使う頻度がかなり減ったので
    ショートカットキーを使うシーンは増えそうな気がします。

    杉山さんのキー割り当てを参考にしたいと思います。

コメントを残す

関連キーワード
etc..., vectorworksの関連記事
おすすめの記事