2019新機能のデータタグその2

 

前回は番号でしたが、

今回は、断面図系に必要な部屋名と仕上げ表について。

 

今までは部屋名シンボルを作成し、そのシンボルにレコードを連結させデータパレットで書き換えていました。

それと、部屋毎と仕上げ表もスペースを使い裏技的に使い表示させていました。

(この裏技は12月24日に発売されるBIM本でも解説しています)

 

しかし2019新機能のデータタグを使えば今紹介した方法は必要なくなります。

 

文字をレコードに連結させていた部屋名

 

そしてデータタグで作成した部屋名・番号

 

そしてデータタグを使用した仕上げ表

 

表形式にも枠無しでも好きな形に出来ます。

 

設定方法はまた時間がある時にしたいと思いますが

このデータタグはココ最近のバージョンアップではかなり上位に位置する進化だと思います。

 

2019ますます楽しみになってきました。

 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事