すみません

本当はコレが言いたかったのかも(笑)

 

面積表でデータベース検索ワークシートでの合計数値とセル×セルとの合計数値が違うという件。

 

左がスペースエリアを反映させたワークシートで右がセル×セルのワークシートです。

左は小数点3位以下が0になっているのに対し、右は4位まで表示されています。

これらの合計数値なので違って当然です。

 

これはファイル設定の単位で小数点以下3位という設定になっているためです。

 

この設定だと4位以下が0になるようです。

 

という事でココを4位設定にすると・・・

 

こうなります。

 

同じ数値になりました。

 

で、なぜ面積表だけ小数点以下の位が反映されるのか、という事なのですが

コレは「面積精度」という性質だからのようです。

 

スペースエリア関数は面積を反映させたもの、一方セル×セルは単に乗じたものなので面積数値だとは認識されないようです。

 

以前、この性質に気付かずに悶々とした時間を費やした経験があります。

もし同一ファイル内でこのように性質の違うワークシート(面積表)を使わなければならない時には、参考にされて下さい。

 

 

APA

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事