このブログでも紹介したことがありますが

断面ビューポート等した場合、その都度通り芯や各高さの線を引くのは面倒なので

予めデザインレイヤで3次元の通り芯、レベルラインを作成しておこう、というのを紹介した事があると思います。

 

で、今回はそのレベルラインに微妙な誤差が生じるという件です。

寸法線を入れようとすると、あまりの精度の低さに(小数点以下まで表示され)何で?ってなった訳です。

今まではこんな事は無かったのですが。

 

 

下図は本来のGL高さの黒線とデザインレイヤで作成したGLのレベルライン赤線です。

この状態では特に問題はありませんが、超拡大していくと・・・

 

 

 

こんなにズレているのです。

これで0.03mm~くらいの誤差が生じています。

 

 

コレの原因はレンダリング輪郭です。

ビューポートのレンダリング輪郭を「なし」にして更新ボタンで更新すると、下図のように誤差が無くなります。

 

ちなみに上の画像のレンダリング輪郭は「陰線消去」になっています。

 

 

何故なのかはわかりませんが、とりあえずこの対処方法でしのぎます(笑)

 

それから、ビューポートを更新していくにつれ何故か再びズレる事もあるので、そんな時はレンダリング輪郭「なし」になってても再度「なし」に設定し直して更新ボタンをクリックしてください。

 

ちなみに、デザインレイヤで通り芯やレベルラインを設定しておくと

注釈編集で色んな線を入れてたので少し見にくいですが、断面ビューポートでは下図のように表現されます。

赤い線がそれらになります。(赤や一点鎖線はクラス設定です)

寸法線はスナップさせるだけです。

 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事