また一つ賢くなりました。

 

天井スラブに何の影響もなく開口部を設ける技を習得しました(笑)

どうしても3次元でやってしまおうとする頭の固さがありました。

 

見てくれは3次元でも可能なのですが、天井スラブでは無くなるのです。

 

で、らちが明かないのでA&A kazさんにhelp me call

 

2次元の四角形とスラブを選択し、加工メニューの「切り欠き」でいとも簡単に開きました。

しかも天井スラブを保ったままです。

 

 

ちなみに張り合わせも出来るようです(*^^)v

 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事