昨日の続きで、断熱材を構成要素に入れたパターンです。

 

まずはスラブ構成要素はこんな感じです。

 

断熱材が入りました。

 

次に断熱材を編集します。

 

厚みは皆さんの仕様にあわせて設定下ください。

属性はいつものようにタイルから断熱材を選択します。

 

ココで発見がありました(笑)

まずは画像を

 

 

GWなのでオレンジやエンジ、ホワイト、イエローなどありますが

面属性でタイルとするとカラー設定できないと思っていたのですが、出来るようです。

 

タイルを設定する前にカラーで画像の色を選択し、そして次にタイルで断熱材と設定する流れだと3Dにした時に色が表現されるんです。コレ、知りませんでした💧

 

 

ちなみに断面はこんな感じです。

 

ちゃんと断熱材になってますよね(笑)

 

スラブから軸組みを作成できる簡単な作業で、しかも面積、数量までワークシートに反映できるので

BIMとしても重宝します。

 

まだという方は試してみる価値はありそうです。

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事