ストーリレイヤ何コレあるある。です。

 

昨日からの続きですが

壁の上端、下端をストーリレイヤに拘束する設定をしたけど、こんなメッセージが右下辺りに出た事ありませんか?

 

 

これは、現在のファイルには存在しないストーリを設定してますよ、というメッセージなのですが「何で?ちゃんと設定してるよ」と思われる方も多いと思います。(私がそうでした笑)

 

原因は昨日記事の内容のものが考えられますが、今日はもう一つ。

 

もう一つは

ストーリレイヤの後ろに[上階][下階]という表示があるものが出てきます。

しかも同じストーリレイヤ名で[ ]が表示されているものと、無いものがあったりと非常にわかりにくい場面もあります。

 

↑同じストーリ、例えばbase[上階]とbaseが存在していますよね(汗)

 

 

見極め方は

[上階]と表示されているものは、同じストーリ内のレイヤではなく文字通り上の階に位置するストーリ内にあるレイヤです。

少しわかり辛いですか?・・・

 

例えば、ストーリ設定をbase 1F 2F 3F RF とします。

1F内のストーリレイヤを1F-FL  1F-天井、同じく2F内を2F-FL 2F-天井・・・等、とします。

 

1F-FLレイヤにて壁作成で、上端を2F-FLに拘束させる場合は2F-FL[上階]を、下端は1F-FLと設定します。

上端を2F-FL[上階]とする理由は、1Fストーリではない上のストーリ内にあるレイヤだから[上階]付きを選択し、下端を[ ]付きではない理由は同一ストーリ内にあるレイヤだからです。

 

同様に2F-FLレイヤで間仕切り壁を作成する場合は

下端は2F-FL、上端は2F-天井とします。いずれも[ ]付きでない理由は、同一ストーリ内だからです。

 

文章で説明するとややこしく感じますが、冷静になって考えるとな~んてこたぁない事です(笑)

 

今でこそこーやって書いてますが、完璧にストーリ何コレあるある?に陥っていましたからね( ̄▽ ̄)

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事