BIMは図面上・紙面上に出来る限り手入力をしない
という勝手なこだわりから次のような事をしてみました。
図面は矩計図です
現れているモデルは断面ビューポートで切り出したままの状態です。
(モデリングが出来ていればそのまま使えます)
寸法線は注釈の編集から書き込みます。
今回考えたのは部屋仕上げです。
直接書き込むような事をしたくなかったのです。

そこで
シンボルとレコードフォーマットをリンクさせて
矩計図の部屋仕上げ文字をシートレイヤに直接書き込まずに
シンボルを配置してデータパレットのレコードタブから編集する方法を考えてみました。

まず
①矩計図仕上げ表としてシンボル登録します。
画像中の選択している状態の部屋仕上げ表がそれです。
次に
②レコードフォーマットを作成します。
これはコチラを参考にして下さい。
そして
③部屋仕上げシンボルとレコードフォーマットをリンクさせます。
*①でシンボル登録したものを編集します。
シンボルを編集2Dです
1 フリースペースを選択
2 選択状態で、ツール→レコード→文字をレコードに連結
3 フィールドを選択ダイアログが表示されるので②で作成したレコードフォーマットを選ぶ
4 レコードフィールド内の室名を選択してOKボタンをクリック
次に、天井を選択した状態で1~4の作業を繰り返す。
以降、巾木まで連結させたらシンボルを出ます。
これで完了です。
後は注釈の編集から矩計図に入り
登録したシンボルを配置して、それをデータパレットのレコードタブから編集するだけです。
直接入力と違って文字列も揃うし、なんといっても文字ツールを
使う煩わしさがないので個人的には◎だと思い込んでいます(笑)
ちなみに
屋根仕上げや、外壁仕上げも同様にしています。
しかしながら
どうしても詳細を書き込まなければいけないところが必ずありますよね・・・
その場合は文字ツールを使って書くしかないですね^_^;
とはいえ
いわゆる手描きCAD(2次元)で矩計図を描くより数十倍は早く且つ正確に描く事ができます。
なんといっても、一番は断面ビューポートを使えば
断面図があっという間にシートレイヤに表示されるという部分に尽きると思いますが、
それだけに文字部分もこだわってみました。
さあ、図面を描かなきゃ、という状態なのに
PCの前で億劫になり腕組みをしたままなかなかCADソフトを開けないでいるというあなた・・・
BIMは楽しいですよ(*^^)v
JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン
おすすめの記事