知り合いの建設会社から

「AW AD 額縁の見積・・・」という依頼があり、FAX(紙)が送られてきました。

早速、VectorworksへPDF取り込み、加工・伸縮しスケールを合わせた後、

立面図の外郭をAWは四角形ツール、ADは多角形ツールでトレースしました。

で、その後は関数Perimを使い、多角形、四角形それぞれの周長を拾い出し合計する。

一瞬で完了。

三角スケールあてて拾い出すなんて想像できません(笑)

データベースヘッダ上が四角形 下が多角形

超簡易的な方法(平立面図しか無いので)ですが、数量は結構近い線行ってると思いますよ(笑)

こんな使い方も出来るVectorworks、さすがは汎用BIMソフト。

コスパは他の同類ソフトと比較しても、群を抜いていると思います(笑)

おすすめの記事