面積表作成はいろんな方法がありますが、

space使いの私としてはどうしてもspaceデータベースの面積表を推してしまいます。

また、spaceは幅広い活用ができますが、使いにくいと言う声も聞きます。

無理には勧めませんが、面積表に限ってはspace が簡単で早く完成すると思っています。で、ココからは少し余談になりますが、面積表だけspaceデータベースを使って、あと様々なデータを載っけたい時はレコードを抱かせればいいと思います。やり方はたっくさんあるのでアレンジしてみてください。

特に2019からdata tag機能が搭載されたので、レコードフォーマットがよりクローズアップされたと思います。レコードフォーマットはデフォルトオブジェクトデータに表現したいデータが無い場合、そのデータをdata tagを使い表現する事が出来ます。

そう言う意味ではレコードフォーマットとデータタグは名コンビだと言えると思います(笑)

あ、話が飛びすぎましたね、、では面積表作成の動画です。


おすすめの記事