申請後に気付く。

今まで、上図で外皮壁表現してましたが

本体との関連性は寸法だけでしか確認とれず、何か悶々としてました。

で、これに外郭を表示させてしまうと、肝心の黄色い外皮部分がぼやけたり隠れたりするため

この状態でやり過ごしていました。

当然ですが、この外皮壁はBIMなのでそれ用にモデリングし、それをビューポートすることによりモデルとの整合性を保っているのですが、それ故に頭が凝り固まってました?

ビューポートは何度?何回してもいいんです(笑)

陰線消去レンダリングしたビューポートを重ねます
ワークシートもリンクしてます。

これで審査機関も見やすくなったと思います。

ってか、もう申請してるっちゅうねん💧

おすすめの記事