間もなく発売される

vectorworks architectで学ぶ住宅設計のためのBIM入門で

BIMへと移行される方のフォローになればと思い、新しいカテゴリーを追加しました。

 

今、読み返していますが

気付いた部分を書き足そうかと思っています。

 

例えば最初

新規ファイルを作成から入っています。

通常テンプレートが用意されていて、そこから進めるというパターンが多いですが、この本は違います。

 

本誌tipsにも書き入れてますが

今後全ての案件を新規ファイルから取り掛かりましょう、というのではなく

ある程度慣れてくれば、自分の好きなようにテンプレートを作成しても全く問題ないのです。

 

最初からテンプレートありきでは自(地)力が付きません。

これも慣れてくれば、最低限何を設定すればラフモデルの作成に取り掛かれるのか、等の応用力が付いてきます。

この辺の基礎力を身に付ける意味で、今更ですが新規ファイルを作成からあえて入っています(笑)

 

続く・・・

 

JUGEMテーマ:建築設計

 

おすすめの記事