2018でのファイルを2019で開いて作業していたら

ワークシート数値の異変に気付きました。

 

コレはシックハウス換気計画表です。(これに限らず面積表でも)

今までは面積は面積(グロス)数値で返していましたが

 

するとこのようになります。↓

 

間違いではないのですが平方メートルで表示させたい場合は

「面積」を選択すると平方メートル数値で返してくれます。

 

それから面積(グロス)では 34m2 という単位記号付きで表示されますが、コレは文字列なので後にこの面積数値を利用して計算する場合は反応しないのでおすすめは出来ません。

 

ちなみに体積も面積と同様です。

 

vectorworks2019をお使いの方

今まで、面積(グロス)数値を返して面積ワークシート等を作成していたという方は要チェックです。

(*2018でも面積(体積)を使っていたという人は2019ではそのままでもいいと思います。)

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事