太陽光設定ツールの【北】は真北を指します。

(太陽光設定はツールセットのビジュアライズにあります)

 

モデリング(作図)する際、画面(図面)真上が真北と一致するという事はほぼ無いと思います(笑)

微妙な調整が必要だと思います。

 

Vectorworksには画面を回転させる機能もありますが、いちいち回転させるのも面倒なので

画面上方向に対して真北の角度を調べてそれに太陽光設定を合わせる方がやり易いと思います。

 

 

画像の9.73°は図面(画面)に対しての真北の角度です。磁北はこれよりも7.2°(コチラの地域の値)傾きます。

ちなみに東京は都内はほぼ7°だったと思います。

この値は国土地理院で公開されています。

 

それから

宅地程度の広さだと北側を上にしてほぼ描けると思いますが、数千㎡等で南北に長い敷地だと紙面の都合上必ずしも北側が上側にならないので、この場合も太陽光シミュレーションする時は太陽光を回転させればいいと思います。

 

 

プランニングの際、絶対に欠かせない必須アイテムです。

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事