モデリングと仕上がりがイメージ通りになるのはBIMだからという訳ではありません。
僕がBIMは楽しいと思うのはむしろコチラ↓

施工図まで表現できるというところです。
細かいモデリングは必要ですが、一旦モデリングしてしまえば後は見せたい部分や方向、施工者に分かりやすく表現できるところが凄いです。しかもやってて楽しいです。
ぶっちゃけ、「線が1本あればよりわかり易いだろうな」ってヶ所は注釈編集からビューポート内部へ入り直線ツールで線を足したりしています。BIMだからと言ってガチガチに頭固くするのではなく、図面は伝えるためのツールなので臨機応変にやればいいと思います。
100人いれば100通りのBIMがあってもいいと思います。

おすすめの記事