今更ですが
Vectorworksは原則右回りが基本です。
壁構成要素、3Dパス図形など右回りで作図・モデリングします。
 
特に3Dパス図形ではパスを逆向き(上から下、右から左)に描くと断面も逆向きになります。
例えば正円とかは問題ないですが左右非対称の断面だと逆になります。
 
それから、断面の中心点が基準になるのでその部分にパス図形を配置すれば3Dパス図形生成後に高さ調整をしなくて済みます。
配筋は全て3Dパス図形です。
既に利用している人は多いと思いますが、簡単だし早くモデリングすることができます。
鉄筋屋さんと一緒に詰めていけば、ほぼ完璧な配筋と数量拾い出し~工程、原価、粗利まで出せると思います。

 

 

おすすめの記事