外皮(壁)面積算定BIM版、完成しました。
試行錯誤の連続でしたが、出来てみれば「なんてこたぁない」もので、何で今まで気づかなかったの?って感じです(笑)

凸凹建物、勾配天井なども大丈夫です(*^^)v
当然BIMバージョンなのでDレイヤでの変更にも追従します。
ちなみに床、基礎断熱部、天井、屋根断熱部はスペースを使い、DB検索ワークシートに反映させています。
その際、通常の部屋別スペースと混同しないためクラス分けしています。
例えば、外皮-床断熱、外皮-天井断熱。
それから壁は方位別に 外皮-壁南、外皮-壁東・・・等です。
さらにですが、レイヤも新省エネ基準として1つ設定しています。
 

今日は午後からこの時間(22時)まで、ずーっとコレやってたんで詳細はまた後日に。
JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

おすすめの記事