拘りの通気水切り。
優秀な大工さんがいれば詳細な施工図はそれほど必要ないですが
曲がりなりにも【BIM】を意識するのであれば、ある程度は造りこまないといけないと思います。
その「ある程度」の基準はどこにもありません(汗)
設計者の意識次第でしょうね(笑)
基本的には
「ここの納まりどうなってる?」と聞かれれば
「あ、この部分はね」っと言ってモデルをサクサクっと動かして見せれるようなレベルにはしたいと思っています。
そして
ただ「見せる」だけでなく「魅せれる」モデルを造りたいものですね。

おすすめの記事