スポンサーリンク

2022から壁やスラブ、屋根の構成要素をデータタグで引っぱり出せるようになっていますが、このツールはそれに加え、表現パターンを増やし使いやすくした、という感じでしょうか。

*まだ使っていないのでレビューのしようが無くてすみません(笑)

【ツールの詳細】

構成要素注釈ツールは、壁やスラブ、屋根などの構成要素を持つ部材から、構成要素の情報を抜き出して図面上にプロットすることができます。従来のように材料の確認のために別ウインドウを開く必要がなくなり、具体的な材料や厚みを確認しながら図面上で作業することができます。構成要素注釈ツールでは、専用のプラグインオブジェクトとデータタグスタイルの2通りの作図方法から、目的に応じて選択することができます。

無償でダウンロード出来るので是非試して下さい!

スポンサーリンク
おすすめの記事