Vectorworks2020販売開始されました。

それと同時に今回は木造BIMツールもdownload出来る様になっています。

ベクターワークス木造BIMツールのダウンロードはコチラです

インストール方法はコチラ(2019と同じです)

木造建具ツールは後日という事です。

それから2020の素晴らしいところはファイル量が激減される!

という点です。

2019で作成したファイルを2020で開き、それを何もせずに保存するだけで、最低でもデータ量が約2/3程度にまで減っています。

それから、他に今現在で他に気づいたところは展開図ビューポートの精度が元に戻りました。

確か2018から画像のような症状が出てて、2019でも改善されてませんでしたが、昨日たまたま発見したのですが2020で同じファイルを開くと

赤丸の部分が手を加えていないのに綺麗に収まっていました。

Vectorworks2020今から使い込んでいきますが、楽しみです。

おすすめの記事