この動画はダイアログボックス等の基本画面の上に出て来るものが映っていません。

データタグを選択する等の操作過程が見れないので意味がよくわからないかもしれませんが

データタグを使えばヒューマンエラーを今までより更に抑えることが出来るという事を知っていただきたくて投稿しています。

 

正確に言えば

スペース情報をデータタグが吸い上げて自動で表示してくれる、というものです。

スペース設定、データタグ設定がもちろん必要ですが、

とりあえず2019の新機能データタグがどのようなものなのかを知っていただき

イメージを広げて下さい。

 

データタグ、使わない手は無いです(笑)

 

 

 

JUGEMテーマ:建築設計

おすすめの記事